シャローム福祉会のこと


ここにいることの肯定、共に在るという価値を考えて

 シャロームが始まったのは1990年。

 

それまで、大きな障害者施設に勤めていた今の理事長が、少人数だからできることをやりたい、

と自宅を開放して小さな作業所を作りました。

そんな彼自身も、脳性まひ者です。

 

障害当事者である一人の施設職員の思いからシャロームは始まりました。

 

それから30年あまり。

小さな作業所は

社会福祉法人になって、

就労継続支援B型事業所になって、

グループホームもできました。

 

30年たっても、社会福祉法人になっても、

始まりの思いは引き継がれています。

今も少人数の強みを生かして、

その人がその人らしくいられる働き方と暮らし方を

つくりだしています。